中小企業倒産防止共済(セーフティ共済)

概要

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)は、取引先事業者が倒産した際に、中小企業が連鎖倒産や経営難に陥ることを防ぐための制度です。

無担保・無保証人で掛金の最高10倍(上限8,000万円)まで借入れでき、掛金は損金または必要経費に算入できる税制優遇も受けられます。

利益がでているお客様は加入を検討してみてください。

税制面でのメリット

払い込んだ掛金は税法上、法人の場合は損金、個人の場合は必要経費に算入できます。

また、1年以内の前納掛金も払い込んだ期の損金または必要経費に算入できます。

前納の期間が1年を超えるものは、各事業年度末(決算期)において、期間の経過に応じて、必要経費または損金の額に算入できます。

なお、掛金月額は5,000円~20万円まで自由に選べ、増額・減額できます。

中途解約をした場合

共済契約を解約された場合は、解約手当金を受け取れます。

自己都合の解約であっても、掛金を12か月以上納めていれば掛金総額の8割以上が戻り、40か月以上納めていれば、掛金全額が戻ります(12か月未満は掛け捨てとなります)